ニキビができにくい肌とは

ニキビを治してキレイな肌にするには2つのことが段階があります。
1つ目は今現在あるニキビを治すこと。2つ目はニキビができにくい肌に導き、ニキビがぶり返さないようにすることです。
多くの人はニキビを治すことだけに集中して、ニキビのできにくい肌に導くことをあまり気にしていません。
そのため、せっかくニキビが治っても、再びぶり返してニキビが出来てしまいます。

ニキビが治ったり、出来たりを繰り返しているうちに、悪化してニキビ跡になったり、シミが出来たりすることもあるので注意しましょう。
では、ニキビができにくい肌というのはどのようなものでしょうか?
それは、肌が潤っていて、肌のバリア機能が正常に働いている状態の肌です。

乾燥で肌が潤っていないと、皮脂が過剰に分泌されます。
乾燥肌だと皮脂がでないのではと意外に感じるかもしれません。
皮脂は肌を守るために分泌されているので、肌が乾燥していると肌を守るために、逆に皮脂がたくさん分泌されるのです。
つまり、皮脂がたくさん浮いているからといって、肌が潤っている訳ではありません。
実は肌が乾燥しているから皮脂が分泌されているという人も多いのです。
だから乾燥肌の方は、しっかりと保湿するようにしてください。

肌のバリア機能というのは、外部刺激から肌を守るための働きのことです。
これが正常に働いていないと、アレルゲンや花粉、その他の様々な刺激が肌の奥に届いてしまい炎症を起こします。
そうするとニキビが悪化しやすくなってしまいます。
ですから、肌のバリア機能が働くように、肌の潤いを保つことが大切です。